« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月19日 (日)

この期に及んで~飛蚊症~

私も今年の7月で「70」になる・・・産まれながらに「先天性脳性小児麻痺」であり、身体障害者手帳では「脳性麻痺による四肢体幹機能障害3級」(現在)・・・ではある。

・・・話せば長くなるが、事、病気に関して言えば「心臓に・・・腎臓に・・・肝臓に・・・整形外科に・・・リハビリに・・・皮膚科に・・・歯科に・・・」それぞれの時期、それなりの手術や治療で乗り越えて来た。

最近は「20年越しの慢性C型肝炎」と「肝内胆管癌の5年生存率」をクリアすることが出来た・・・ヤレヤレである。

・・・それも束の間、昨年末に、まさに「ある朝、突然に」・・・左眼に黒い小さなゴミのようなものが浮遊し始めた・・・年明け早々、近所の「A眼科」へ・・・ご存知の方もいると思うが、検査の結果、簡単に云うと加齢に伴う『生理的飛蚊症(眼球の硝子体の濁り)』との診断・・・白内障、緑内障、網膜剥離などの心配はないとのこと。

Hibun2

写真のような感じで、その日の体調等によっても見え方は違うが、何とも眼の前が鬱陶しい限り・・・目薬など特効薬は今のところ無し・・・ブルーベリー、ブロッコリー、ほうれん草、人参、ポリフェノール、ルテイン等が効果的と云われているが・・・「活性酸素の増加を防ぐ・・・ストレスを貯めない・・・紫外線を浴び過ぎない等々・・・」

・・・神様はさらなる試練を我に与え給うたか!!・・・全く、この期に及んで~飛蚊症~・・・

 

 
 

中谷泰記念館

  • 水浴(1942)
    中谷 泰=なかたに たい(1909-1993) 三重県松阪市生まれ。1929年上京。川端画学校に入学。石膏デッサンを始める。1930年 第8回春陽展「街かど」で初入選。1942年 第5回文展(後の日展)「水浴」で特選。以後、木村荘八に師事。1959年 第5回日本国際美術展「陶土」で優秀賞受賞。1971年-1977年 東京藝術大学美術学部教授を勤める。1975年 第2回椿会(資生堂)に「春雪」を出品、以後毎年出品。 1987年 「開館記念-世田谷美術展」(世田谷美術館)に「段丘」を出品。 第64回春陽展に「残雪」出品。 銀座東邦アートギャラリーで「自選展」開催。 1988年 三重県立美術館「中谷泰展」開催。 松坂屋本店「個展」開催。 1993年 第70回春陽展に「村の往還」を出品。 同年 5月31日 死去。 享年84歳。  この間、フランス、イタリア、スペイン、中国、ベトナム等を訪れる。  いわさきちひろ記念財団初代理事長  2010年3月13日-3月22日 第50回松阪市美術展覧会特別記念展 「宇田荻邨と中谷泰展」開催(松阪市文化財センター)  2013年10月12日-12月8日 「歿後20年 中谷泰展」開催 (三重県立美術館)

街中コレクション

  • 生まれる!!
    アートなど

私のお気に入り

  • クレンペラーのベートーベン!
    本/CD/DVDなど

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ