« ポケモン・・・大事・・・? | トップページ | 駅弁 »

2016年8月25日 (木)

ハイドン・パパ

リオ・オリンピックが終わって・・・やれやれ・・・やっと、「少し、音楽でも・・・」という気持ちが落ち着いて来たところで・・・少し前から聴き始めていたハイドン交響曲全集(第1番~第39番)を再開・・・

51cvecfqerl_2

「ハドン交響曲全集」 アダム・フィッシャー指揮 オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団(BRILI 99925 33CD)
 
音楽史上、「交響曲の父」と呼ばれ、宮廷に仕えた作曲家だけあって標題的な曲(第94番<驚愕>/第100番<軍隊>/第101番<時計>・・・)も、そうではない曲も、おそらくハイドン・パパは人間的な喜怒哀楽の感情をも込めながら生涯に亘って実験的な作品を追求したであろうと想像出来る。

「リズム・メロディー・ハーモニー」が一曲、一曲絶妙な絡み合いと云うか、楽理的な専門知識は皆無の私にも、見事なアンサンブルとなって、心に染み込むように、不思議な力を持って伝わって来る。

・・・軽やかで、どこかゆったりと・・・BGMにも最適・・・第104番 <ロンドン>・・・まで・・・いつ頃、たどり着くかは、まだ判らないが・・・素敵な音楽を・・・ありがとう!・・・ハイドン・パパ!!

« ポケモン・・・大事・・・? | トップページ | 駅弁 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポケモン・・・大事・・・? | トップページ | 駅弁 »

中谷泰記念館

  • 水浴(1942)
    中谷 泰=なかたに たい(1909-1993) 三重県松阪市生まれ。1929年上京。川端画学校に入学。石膏デッサンを始める。1930年 第8回春陽展「街かど」で初入選。1942年 第5回文展(後の日展)「水浴」で特選。以後、木村荘八に師事。1959年 第5回日本国際美術展「陶土」で優秀賞受賞。1971年-1977年 東京藝術大学美術学部教授を勤める。1975年 第2回椿会(資生堂)に「春雪」を出品、以後毎年出品。 1987年 「開館記念-世田谷美術展」(世田谷美術館)に「段丘」を出品。 第64回春陽展に「残雪」出品。 銀座東邦アートギャラリーで「自選展」開催。 1988年 三重県立美術館「中谷泰展」開催。 松坂屋本店「個展」開催。 1993年 第70回春陽展に「村の往還」を出品。 同年 5月31日 死去。 享年84歳。  この間、フランス、イタリア、スペイン、中国、ベトナム等を訪れる。  いわさきちひろ記念財団初代理事長  2010年3月13日-3月22日 第50回松阪市美術展覧会特別記念展 「宇田荻邨と中谷泰展」開催(松阪市文化財センター)  2013年10月12日-12月8日 「歿後20年 中谷泰展」開催 (三重県立美術館)

街中コレクション

  • 生まれる!!
    アートなど

私のお気に入り

  • クレンペラーのベートーベン!
    本/CD/DVDなど

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ