« 無限∞J.S.バッハ | トップページ | 大丈夫か 日本! »

2016年3月29日 (火)

老眼鏡

・・・読みかけの本と・・・読みたい本が溜って来たので、一気に「まとめ読み」しようと意気込んだところ、「老眼鏡の度」が全く合っていない・・・活字がボヤケたような、滲んでいるような・・・事になっていたのに気が付かず、「68にもなれば、そりゃそうだ」とボヤきながら、「3つ目の老眼鏡」を高円寺で作ることにする。

「橋のない川」(7) 住井すゑ 著 新潮文庫

31476533_main_l
 
高校時代、読書サークルで第1部から第6部まで読んだ・・・「部落差別・障害者差別」を考える上で、衝撃的なテキストになった・・・「第8部」の構想もあったと聞くが、未完・・・

「エホバの顔を避けて」 丸谷才一 著 河出書房新社

1106262450_main_l_3

まるで「旧約聖書の世界」を旅するような錯覚。やや難解・・・帯には「丸谷才一の記念碑的長編第一作」とあるが・・・

「羊と鋼の森」 宮下奈都 著 文藝春秋

1106575393_main_l

ブックレビューを読んで・・・「ピアノの調律に魅せられた一人の青年」の成長する姿を描く。直木賞候補作。

・・・翌日、「新老眼鏡」が完成・・・これで、視界は良好・・・さ~あ~・・・読むぞ!!!


« 無限∞J.S.バッハ | トップページ | 大丈夫か 日本! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無限∞J.S.バッハ | トップページ | 大丈夫か 日本! »

中谷泰記念館

  • 水浴(1942)
    中谷 泰=なかたに たい(1909-1993) 三重県松阪市生まれ。1929年上京。川端画学校に入学。石膏デッサンを始める。1930年 第8回春陽展「街かど」で初入選。1942年 第5回文展(後の日展)「水浴」で特選。以後、木村荘八に師事。1959年 第5回日本国際美術展「陶土」で優秀賞受賞。1971年-1977年 東京藝術大学美術学部教授を勤める。1975年 第2回椿会(資生堂)に「春雪」を出品、以後毎年出品。 1987年 「開館記念-世田谷美術展」(世田谷美術館)に「段丘」を出品。 第64回春陽展に「残雪」出品。 銀座東邦アートギャラリーで「自選展」開催。 1988年 三重県立美術館「中谷泰展」開催。 松坂屋本店「個展」開催。 1993年 第70回春陽展に「村の往還」を出品。 同年 5月31日 死去。 享年84歳。  この間、フランス、イタリア、スペイン、中国、ベトナム等を訪れる。  いわさきちひろ記念財団初代理事長  2010年3月13日-3月22日 第50回松阪市美術展覧会特別記念展 「宇田荻邨と中谷泰展」開催(松阪市文化財センター)  2013年10月12日-12月8日 「歿後20年 中谷泰展」開催 (三重県立美術館)

街中コレクション

  • 生まれる!!
    アートなど

私のお気に入り

  • クレンペラーのベートーベン!
    本/CD/DVDなど

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ