« ~乱読の作法~ | トップページ | アンプの話 »

2014年6月 2日 (月)

怪しいトイレ?

「外出時は車椅子で」という生活になって、何処に行くにも先ず「トイレは使えるか」を確認するようになった。

最近は関係各方面の理解も広まって「多目的トイレ」が増えていることは良い事であり、感謝である・・・が・・・

駅にしてもデパートにしてもショッピングモールにしても、比較的古いと思われる建物では♿マークの付いたトイレが、女性用トイレの脇に在ったりする(何故か男性側には無いことが多い。弱者としての括りなのか?)後付で已むを得ないのかも知れないが、最低限「男女共用の表示」は欲しい。

Photo

・・・表示の仕方、解りにくさもあって「ここは女性用トイレですよ!?」なぞと怪しまれてしまうのだ・・・急いでいる時は・・・「多目的トイレ」も・・・もちろん誰が使っても良いのだが?・・・近くに係員でもいれば良いが・・・最悪である・・・シンボルマークや説明の更なる明瞭化と共に呼称についても再考が必要ではないか・・・敢えて単純に「優先トイレ」は如何であろう。

私だって「怪しいトイレ?」なんて書きたくは無い・・・今一度、関係各位の「優先性と必要性」の告知の徹底、社会的マナーの醸成を切に期待するだけである。

« ~乱読の作法~ | トップページ | アンプの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ~乱読の作法~ | トップページ | アンプの話 »

中谷泰記念館

  • 水浴(1942)
    中谷 泰=なかたに たい(1909-1993) 三重県松阪市生まれ。1929年上京。川端画学校に入学。石膏デッサンを始める。1930年 第8回春陽展「街かど」で初入選。1942年 第5回文展(後の日展)「水浴」で特選。以後、木村荘八に師事。1959年 第5回日本国際美術展「陶土」で優秀賞受賞。1971年-1977年 東京藝術大学美術学部教授を勤める。1975年 第2回椿会(資生堂)に「春雪」を出品、以後毎年出品。 1987年 「開館記念-世田谷美術展」(世田谷美術館)に「段丘」を出品。 第64回春陽展に「残雪」出品。 銀座東邦アートギャラリーで「自選展」開催。 1988年 三重県立美術館「中谷泰展」開催。 松坂屋本店「個展」開催。 1993年 第70回春陽展に「村の往還」を出品。 同年 5月31日 死去。 享年84歳。  この間、フランス、イタリア、スペイン、中国、ベトナム等を訪れる。  いわさきちひろ記念財団初代理事長  2010年3月13日-3月22日 第50回松阪市美術展覧会特別記念展 「宇田荻邨と中谷泰展」開催(松阪市文化財センター)  2013年10月12日-12月8日 「歿後20年 中谷泰展」開催 (三重県立美術館)

街中コレクション

  • つまずきそうになったカラス
    アートなど

私のお気に入り

  • クレンペラーのベートーベン!
    本/CD/DVDなど

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ