« 小掃除 | トップページ | 謹賀新年 »

2012年12月31日 (月)

今年は?

8月25日の骨折以来、リハビリを頑張ってはいるつもりだが、未だ自立歩行は困難である。

外出は通院がタクシーで、近くのコンビニでの買い物は車椅子となる。入店には段差があるため、いつも店員さん達が手伝ってくれる。感謝である。

本やCD.DVD、パソコン用品など「どうしても欲しい物」はネット通販。「眺める・触る・迷う・悩む楽しみ」は半減するが、仕方ない。

「HMV・セブンネット・アマゾン」が主だが、アマゾンに至っては「人とお金以外、手に入らない物はない」と感心してしまった。便利な世の中ではある。ある意味、これにも感謝である。

31715681

「輝く日の宮」 丸谷才一 著 講談社 + 「箱根駅伝」=お正月のお楽しみ

世の中は「日本大変」の時代である。問題山積、政治の解決力が求められている。

私も無関心で居る積もりは毛頭無いが、「聴く眼を見開き、見る耳をそば立てながら・・・出来るだけスロー・ライフを心掛けたい」と思っている。

・・・と云う様な訳で今年は?「全ての人に感謝する年」であった。・・・

・・・それでは皆様どうか「良いお年を」お迎えください。・・・

« 小掃除 | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小掃除 | トップページ | 謹賀新年 »

中谷泰記念館

  • 水浴(1942)
    中谷 泰=なかたに たい(1909-1993) 三重県松阪市生まれ。1929年上京。川端画学校に入学。石膏デッサンを始める。1930年 第8回春陽展「街かど」で初入選。1942年 第5回文展(後の日展)「水浴」で特選。以後、木村荘八に師事。1959年 第5回日本国際美術展「陶土」で優秀賞受賞。1971年-1977年 東京藝術大学美術学部教授を勤める。1975年 第2回椿会(資生堂)に「春雪」を出品、以後毎年出品。 1987年 「開館記念-世田谷美術展」(世田谷美術館)に「段丘」を出品。 第64回春陽展に「残雪」出品。 銀座東邦アートギャラリーで「自選展」開催。 1988年 三重県立美術館「中谷泰展」開催。 松坂屋本店「個展」開催。 1993年 第70回春陽展に「村の往還」を出品。 同年 5月31日 死去。 享年84歳。  この間、フランス、イタリア、スペイン、中国、ベトナム等を訪れる。  いわさきちひろ記念財団初代理事長  2010年3月13日-3月22日 第50回松阪市美術展覧会特別記念展 「宇田荻邨と中谷泰展」開催(松阪市文化財センター)  2013年10月12日-12月8日 「歿後20年 中谷泰展」開催 (三重県立美術館)

街中コレクション

  • 生まれる!!
    アートなど

私のお気に入り

  • クレンペラーのベートーベン!
    本/CD/DVDなど

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ