« メディアの貧困~例えば安住君~ | トップページ | 小鳥の来る日 »

2009年10月20日 (火)

お・さ・が・わ・せ?

「毎度、お・さ・が・わ・せ? しております。こちらは廃品回収の---」。おなじみの「音(声)」である。

はて?『お・さ・わ・が・せ』じゃないか!

「おさがわせ」で変換しても「長がわせ」となり、「お騒がせ」とは正しく表示されない。

漢字を使うと肝心の音の繋がりが隠されてしまうのだ。由々しき事態である。

専門分野では言葉のこのような変化を「音位転換」と云うそうだが、人々が言い難いからと「見て見ぬ振りをしている」言語学者の先生方もどうかしている。

ネットなどでは「半分オチャラケ」の意味もあってか、大の大人がこれまた書き込みにブログにと「半分は大マジメ」で使っている。

どうせ云うのなら間違わずに「毎度、大きな「音(声)でご迷惑をお掛けしております---」くらいにしといて欲しいものだ。

やれやれ、本当に『お・さ・が・わ・せ』な世の中である。

« メディアの貧困~例えば安住君~ | トップページ | 小鳥の来る日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メディアの貧困~例えば安住君~ | トップページ | 小鳥の来る日 »

中谷泰記念館

  • 水浴(1942)
    中谷 泰=なかたに たい(1909-1993) 三重県松阪市生まれ。1929年上京。川端画学校に入学。石膏デッサンを始める。1930年 第8回春陽展「街かど」で初入選。1942年 第5回文展(後の日展)「水浴」で特選。以後、木村荘八に師事。1959年 第5回日本国際美術展「陶土」で優秀賞受賞。1971年-1977年 東京藝術大学美術学部教授を勤める。1975年 第2回椿会(資生堂)に「春雪」を出品、以後毎年出品。 1987年 「開館記念-世田谷美術展」(世田谷美術館)に「段丘」を出品。 第64回春陽展に「残雪」出品。 銀座東邦アートギャラリーで「自選展」開催。 1988年 三重県立美術館「中谷泰展」開催。 松坂屋本店「個展」開催。 1993年 第70回春陽展に「村の往還」を出品。 同年 5月31日 死去。 享年84歳。  この間、フランス、イタリア、スペイン、中国、ベトナム等を訪れる。  いわさきちひろ記念財団初代理事長  2010年3月13日-3月22日 第50回松阪市美術展覧会特別記念展 「宇田荻邨と中谷泰展」開催(松阪市文化財センター)  2013年10月12日-12月8日 「歿後20年 中谷泰展」開催 (三重県立美術館)

街中コレクション

  • 生まれる!!
    アートなど

私のお気に入り

  • クレンペラーのベートーベン!
    本/CD/DVDなど

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ